thought

『終わらない人 宮崎駿』

DSC_1388
 『終わらない人 宮崎駿』(再放送/初回は昨年11月のようです)を見ました。マラソン以外でテレビに釘付けになったのは久しぶりです。2013年引退を表明した宮崎駿監督のその後を追ったドキュメンタリーで、それでもなおアニメを作り続けざるを得ない、宿命のようなものに葛藤する宮崎駿監の日々に引き込まれました。
 外部若手クリエーターの力を借りて、オリジナルのCGアニメ『 毛虫のボロ』を制作しようとするのですが、そのこだわりが半端ない。結局、自分が納得するまで手直しを行い、わずか10分の作品に3年以上を費やすことになるのです(公開は現時点でも未定)。若手クリエーターたちは最初は「基本の動きさえ決まればあとはサクサク進みそう」と余裕の表情だったのですが、度重なる監督からの修正要請に疲弊していきます。結局監督は、CGの機械的、無機質、あるいは計算された動きに納得がいかず、自分の動きにしていこうとするのです。
 CGアニメーターからすれば、たまったものではありません。CGによるアニメ製作が主流になり、王道のやり方で製作しているにも関わらず、あれこれ口を出されやり直しの連続、最終的には「手描き」のほうがいい作品になるんじゃね?的な空気が漂いはじめます。
 すべて自分がやらないと気が済まない、さらに絵がうま過ぎるために、誰も何も言えなく、やれなくなってしまうのです。ここらあたりの唯我独尊性=宮崎駿監以降のジブリが続かない理由を宮崎監督はじゅうぶんに認識しており、今回も製作続行の可否に関する話し合いがもたれます。
 宮崎監督はそうしたすべてのものを飲み込み、「めんどくさい、めんどくさい」と言いながらも決して手を休めようとせず、一本また一本と鉛筆で線を描いていきます。徒労を重ねることでしか辿り着けない、そうすることでしか表現できない絵を完成させていく。あきらめることなく、CGに自身の線を重ねていく姿に、『終わらない人』を感じました。

 老境にさしかかり終わりが近づくことを悟りつつ、だからこそ今何をすべきなのか、葛藤を続ける宮崎監督を追った、すばらしいドキュメンタリーでした。

 年明けからずっと体調が悪く、走る人を眺めているしかなかったのですが、ようやく回復してきました。来週には走ることができそうです。

春爛漫

 

今日を待っていたかのように花がいっせいに咲きはじめ、桜も来週には満開になりそうです。光が丘公園は今年一番の賑わいを見せ、春らしい1日を満喫している家族連れであふれかえっていました。

3月で一区切り、4月から新しい生活や何かしら新しいことが始まる人も多いのではないでしょうか。

前にも書いたかもしれませんが、変化がない状態を望み、選択しがちですが、望もうと望まざるに関わらず、変化するんです。その変化は突然ではなく毎日少しずつ変化しているんです。

ぼんやりとしている暇はありません。私も4月からスタートダッシュできればと思います。

春の匂い

 

今週も無事の終わりそうで、緊張の糸が弛みつつあります。あまりにも庶民的ですが、週末がくると幸せです。金曜日の夕方あたりが最高ですね。今週は寒さの中にも春らしさが感じられ、青空もなんとなく輝き出してきた気がします。

そうした春の気配に触れると、昔の旅を思い出します。大学3年のときに1カ月間「スペイン〜ポルトガル」(まだペセタだった)、最初の会社から次の会社で働くまでの間、同じく1カ月間「ギリシア」(このときはユーロ2年目だった)を旅行しました。いずれも3月で、朝と夜は肌寒く日中は心地よい気候でした。一人旅でとても孤独でした。一つの土地に留まっていてもやることがないので、ひたすら移動しました。20代だったからこそできた、無目的で無茶で意味のない旅だった。でもしかし、ここ数年旅行さえしていない今から見れば、とてもうらやましい旅だと思います。

風邪が流行っていますね

家人に続き、娘も風邪をひいてしまいました。日中は40度まで上がったそうで、今は薬を飲んだので落ち着いています。明日改めて病院に行きますが、インフルエンザかもしれません。会社でも風邪の人もいれば予防の人もいて、7割方の人がマスクをしています。またもや意味のないこだわりですが、マスクをするとなんとなく負けたような気がして、よっぽどの風邪ではない限りしません。

それにしても今日は忙しくて、お昼を食べる暇がありませんでした。17時くらいにフラフラになって、たまらず缶のコーンスープを飲みました。あまりの美味しさにうち震え、しかも5分後くらいに完全復活しました。限界はほど遠いところにある、まだまだ行ける。そう思えた瞬間がありました。

雨と傘について

 

ここ数日、台風の影響もあり雨が多かった。雨のたびにビニール傘を買っているので、家には10本以上もたまってしまいました。

沢木耕太郎が「少しくらいの雨なら傘はささない、むしろ濡れて歩くのは気持ちがよい」と何度かエッセイに書いています。私も別の理由で同様に少しくらいの雨なら傘はささないことにしています。今から約20年前、予備校に通っていたころの話。英語の先生がおもむろに次のように語りました。

「いいかお前ら。男ってのは折り畳み傘なんて持っちゃいけないよ。いい男がバックの中に折り畳み傘を忍ばせて、雨が降ってきたらそれを広げてさす。何事も計画的に、用意周到、準備万端。って、これほどカッコ悪いことはないぜおい。男ってのはそうじゃない、潔くなくちゃ。英国海軍は雨でも絶対に傘はささない。それが英国流、それが男ってもんだよ」と英語の先生は遠くを見つめながら、おもむろに生徒に向かって説法をしたのでした。

良く言えば「にも関わらず」精神、ダンディズムの象徴、悪く言えばただの頑固者。たわいもない話でしたがなぜか私の胸に残り、以来実践するようになったというわけです。無意味なこだわり、はたから見れば滑稽なこだわり、大切にしていきたいです。

スマホ全盛

通勤電車は人生または社会の縮図、あるいは人生または社会が凝縮しています。朝はどことなく皆殺気立ち、夜はどことなく皆疲れ切っている。こんなに近い距離にいるのに──望まないけど密接せざるを得ない、だけどお互い他人だから無関心で当たり前、という具合で矛盾と混沌が渦巻いています。

そんな中、車内ではほとんどの人がスマホの画面に指を滑らせています。残りはマンガ、睡眠、本を読んでいるのは車両で2〜3人でしょうか? ほぼ絶滅したと思っていた、参考書を広げて勉強している高校生を見ると「偉い!頑張れ!!」と心の中で応援してしまいます。「一粒が大河になる」と言いますが、毎日通学の15分、スマホをやるか参考書を読んで英単語を覚えるか、1日の15分で見れば大きな違いはありませんが、これが毎日365日ともなると、人生も変わってくるのではないでしょうか。しかし、そんなことを考えるのは大人になってからだし、まあ若いうちはやりたいことをやればよいのです。とにかく青春は駆け足なのです! 

話をスマホに戻します。スマホに没入している人は世の中とは遮断され、自ら望んで自らの世界に没入していると言えますが、実はSNSで世界と繋がっているという現実。さらにその逆に、スマホのない自分は世の中を眺めてはいますが、繋がっていないという事実。ぼんやりとそんな風景を見ていると、現実と仮想が反転、現実と仮想が交錯しているような感覚に陥ります、というより実際そういうことなのでしょう。

情報の入手が手軽になり、なんとなく絶えず情報に接していないと、情報を確認していないと不安になってしまう昨今です。

W杯02

アルゼンチンがベルギーを破りベスト4に進出しました。メッシのプレーは異次元ですが、それ以上に驚くのが「動かない」ことです。現代サッカーにおいて「全員攻撃全員守備」は共通認識のはずですが、メッシは自分にボールが入るまでは、ほとんどトボトボ歩いているか、ジョギング程度の移動しかしておらず(ボールが入った瞬間からはトップギアになりますが....)、守備はまったくしていません。この意味でも異次元の選手です。

ネットで調べてみると、今回のW杯では通常の選手の走行平均距離は90分走り続けて12〜15km、メッシの場合は8.25kmだそうです。ほとんどGKと変わらないという指摘もありました....。チームメイトの理解あってのスタイル、そして一瞬で試合を変えられる力をもっているからこそできることですね。

予選突破だったかベスト8を決めた試合後のインタビューで、「苦しいのは当たり前、苦しいのはいつも通りだから、頑張るだけさ」的な発言をさらりとしていました。こういう一見冷めているけど、実は熱い哲学的な返答は最高のアスリートならではですね。

W杯

 

時間帯が悪いのか歳をとったのか、今回のW杯は自分の中で燃えるものがありません。前回はかなり熱狂したのですが、日本戦もどこか冷めた目で観ていました。

少ないパス(カウンター)で相手ゴールまで繫ぎ、エース(個の力)がシュート、というシンプルで力強いスタイルで戦う国が予選リーグを突破していきました。ゴールは量産、史上最高のW杯などと言われていますが、やはり自分はパスサッカーが好きですね。パス、パス、パス、そこもあえてパス、そしてまたパスして、最後にシュート。こうでなくてはいけません。

それにしても改めて南米のサッカーを見ると、ちょっと誇張しすぎかもしれませんが「生活に根付いている」気がします。躍動するボールや選手との距離の短さ、密着具合になぜかそれを感じます。彼らにはボールが、サッカーが必要なのだと。

そして選手たちの気持ちの強さ、勝利に対する執念、熱狂する観客。やはり南米のサッカーは熱いです。皆がサッカーに熱中しているのです。

考えたり、思ったり

「いったいなんなんだ、それっておかしいよ!絶対!!」と思うときが多々ありますが、果たしてそうか?と必ず1回否定することをモットーとしている今日このごろ。こだわりや固執から自分を解放した、フラット状態で考えたり仕事をしたいと思っています。

ユーモアのセンス

「話を盛る」という言葉がありますが、意味としては「事実を1.3倍くらいおおげさに言う(決してウソではない)」くらいですかね? 一般的にはマイナス表現ですが、あたりさわりのない会話ほどつまらないものはありません。どうせ話すなら、できるだけおもしろいほうがよいと思いませんか?

他人(見知らぬ人)と会話をするチャンスはめったにありません。たった一度の返事にどれだけユーモアを込められるか。初めて会話をするときそんなことを考えています。少し親密になるごとに、ユーモアの度合いを少しづつ高めていく(度が過ぎないように注意が必要ですが...)。

深刻なときにその状況をニヤリと笑える精神。それこそがユーモアの極み。ユーモアのセンスをどんどん磨いていきたいと思います。

3月まとめ

あっと言う間に3月も終わろうとしています。この1ヵ月は私にとって、非常に厳しいものでした。それでもなんとか乗り切れたことに感謝しなければなりません。

とにかくまず考えることです。するどく洞察して、実行に移す。そして必ず作業後に見直しのチェックを必ず入れる。

そして最も大切なのは、忙しくてもろもろ省略しそうになったとき。このときスイッチを入れ直して、慎重になれるかが勝負です。

以上、抽象的で恐縮ですが、最近の思考の一部です。

最近聴く音楽は、専ら坂本龍一です。最近言葉は必要なくなってきました。静かな音楽がとても心地よい。しつこいまでに同じ音を繰り返しつつ、微妙に変化を加え、そこに現れてくる美しいメロディ、そんな感じですかね。Steve ReichとDebussyを足して2で割った感じです。

 

個人的には、STAP細胞問題を追い続けた1ヵ月でした。なぜこんなに熱くなってしまうのか、自分でもわからないほど日々ニュースを追い続けていました。1つは単純に真実を知りたいという真面目な理由、1つはカワイければ許されてしまうのかという浅はかな理由。当初は絶対許せん!と思っていましたが、経過する情報を経て、今はまあいいんじゃないの的な落ち着いた状況になっています。

マスク

風邪のひきはじめというか、軽い風邪になりました。というわけでマスクをしています。昔はマスクと言えば本格風邪専用という位置づけだった気がしますが、今は予防的にもっと気軽なアイテムになり、今さらですが電車に乗ると着用している人の多さに驚いています。

マスクは「俺は風邪なんだ、マスクしているから喋れない」的アピールを極めて自然に演出できるので、外界と遮断されているような気持ちになり(実際はそうでもない?)、風邪をひいてなくてもずっとマスクしていようかな、などと思う今日このごろです。

都知事選!

週末に都知事選がありますが、どの候補に投票すべきかピンときません。

前回は迷わず猪瀬さんでした。書籍もそれなりに読んでおりファンだっただけに、今回の事件および辞任は残念でなりません。あれだけズバズバ切り込んでいたのだから、シロであれクロであれ、当事者ならばなおのこと切れ味を失ってほしくなかった、つまりシロであれクロであれ、事実をはっきり提示してほしかった、というのがイチファンの感想です。

で、今回の都知事選ですが、先日の朝生(主要候補インタビュー&パネリスト激論!?)を見てもよくわかりませんでした。2週間ほど前、成増駅前で舛添候補の演説も聞いたのですが、とくに感銘するものはありませんでした。とはいえ棄権する気もないので、当日投票用紙を目の前に決断したいと思います。

地方出身の私にとって東京は働く場所という位置づけです。暮らしているという感覚はほとんどありません。実際はなんともう約20年も東京に暮らしているのですが....。東京は働く場所であり、仕事をしていなかったら、仕事をしなくてもよいのなら、東京は選ばないと思います。決してのんびりするようなところではありません。そんな意味で東京に期待するのは、極めて抽象的ですが、つねに開放的であり、いつでも誰でも受け入れてくれる、大きな街であってほしい、ということです。

つるかめランド 光が丘店閉店!

IMAで晩ご飯の食材を買い込み、ビールを忘れたことに気がつきつるかめへ。なんかガランとしているなあ、と思ったら「1月末で閉店します」の張り紙が....

これはちょっとショックでした。正直あまりよい品物はないけれど(スイマセン)、オヤツとかちょっとしたモノとか、買い忘れたモノなどを購入するのに重宝してました。なにより23時までやっているのがよかったのです。

調べてみると昨年から店舗整理が行われており、約半数のお店が閉店・統合になっているらしい。いやはや光が丘店もその対象になったいうわけで、けっこう利用していただけに残念でなりません。「スーパーとコンビニの中間」的立場のお店でとても便利でした。

気のはやい話ですが、今の場所にどんなお店が出店すのか? できれば食料品系を希望します。なんとなく医療、用品系ではないかと思います。

Boston

かれこれ10年以上も海外旅行に行ってないし、国内旅行も近場に1泊という具合で、かなわぬ夢だけど旅がしたい今日このごろ。国内であれば瀬戸内海か九州、海外だったらボストンかね。なぜにボストンかはうまく答えられないけど、ボストンという言葉の響きがなんだか古き良きアメリカという感じがするから。昔はハードな旅を好んでしてたけど、今は優雅な旅行がいいですね。

4月上旬、家人実家女子チームで京都旅行を計画しているようで、帯同しようか迷っていますが、おそらく行かないと思います。どこから行くなら1週間くらいぶらぶらしたいですね。

2014年

2014年今年もよろしくお願いいたします。昨年を振り返るといろんなことがありましたが、おしなべては平穏だったと思います。今年は激動になることは確実な情勢。とりあえず粘り強くこなしていきたいと思います。

昨日は18時ごろに年越しラーメンを食べて、そのまま眠ってしまいました。紅白は面白かったようですね。で、3時ごろに起きていきなり仕事開始。思いのほかはかどってしまいました。