2016年7月

いつの間にか夏

 めくるめくように日々はあっという間に過ぎ去り、いつの間にか夏。日々働き、日々眠り、という日々。いったい俺はなんなんだ、という疑問さえ湧かない日々。しかし恐らく、全力で働けるのはあと10年程度だろう。であるならば、限界を超えるというか、ふりきれるところまでやってやろうという思い。マイナス思考のなかに実はプラス思考が潜んでいるのだ。

 今日は参議委員選挙。積極的に情報を収集していないので、誰に投票すべきかまったく検討もつかない。とりあえず棄権だけはしないつもり。SNSではかなり盛り上がっているみたいだが、なんだかなあという感じ。普段、政治のことなんてこれっぽっちも話題にしていないのに、こんなときだけ熱くなるのってなんだかなあ。こんな時だけ評価できるから、上から目線になれるからじゃないのか。何もしなければ、何も変わらないじゃなくて、誰にかに期待するんじゃなくて、自分でやるんだ。なければ自分で作る、こういう気持ちだけでいいんじゃないの。

 最後におすすめ系の話題。スティーヴン・キング新作『ジョイランド』がいきなり文庫(というわけで929円とえらい高い)で発売、速攻購入。『スタンド・バイ・ミー』系の青春小説ということで、読むのが楽しみだ。あとはEric Clapton『I Still Do』。ネットでチラっと聴いてみたけど、まさに『I Still Do』。彼はやっぱりこれしかできない、これだからECというわけで、OLDファンとしてはCDで買わざるをえない。あとはブラジルからandrea dos guimaraes『desvelo』。歌とピアノだけのアルバムで、静かでとても深い。