2014年2月

マスク

風邪のひきはじめというか、軽い風邪になりました。というわけでマスクをしています。昔はマスクと言えば本格風邪専用という位置づけだった気がしますが、今は予防的にもっと気軽なアイテムになり、今さらですが電車に乗ると着用している人の多さに驚いています。

マスクは「俺は風邪なんだ、マスクしているから喋れない」的アピールを極めて自然に演出できるので、外界と遮断されているような気持ちになり(実際はそうでもない?)、風邪をひいてなくてもずっとマスクしていようかな、などと思う今日このごろです。

雪から雨へ、そして曇りへ

昨日からもの凄い天気です。フィギュアを見ようと深夜に起きるもハニュー君のグループの前であえなくダウン。朝はすごい雨でそして曇り。道は溶け出した雪で洪水のようになっています。とりあえず家でまったりしてます。このまま家でゴロゴロしているのもなんなので、できれば午後は出かけたいなあと思います。

非常に厳しい

非常に厳しい1週間でした。世の中あるいは社会の不合理を思わざるを得ないできごとがいくつかあって、なんだかな的な気持ちになりました。抽象的に記述すると、自分の感知しないところで自分に関わる物事が決定されていってしまうのはなんとも歯がゆいもの、ということです。

同時に集中力が増し、ある種の冥想状態、クライマーズハイ的感覚で仕事に取り組むことができた点はよかったです。瞬間的にどこを見て何に気がつき、どう判断するか、そしてどうやって伝えるか、その積み重ねです。

 

大雪inTOKYO

報道によると昨日は記録的な大雪だったようで、実際これまでにないほどの大雪でした。一度買い物に出たのですが、その雪の深さは実家の松本レベルでした。受験生がいちばんたいへんだったと思います。これが平日だったらもっとパニックになっていたことでしょう。

一転して今朝は天気がよくとても静かです。遠くで雪かきをしている音が聞こえます。

月曜日〜火曜日速記

▶家人が風邪をひいて調子がイマイチ。病院に行ったところインフルエンザではなくただの風邪だったようで一安心。娘は保育園の豆まきで登場した赤鬼と青鬼に相当まいったようで、意気消沈気味。いつもうるさい女子軍団、久しぶりに静かな日々を過ごしています...

▶実家より林檎が届く。姉より娘用の衣類がどっさり届く。小さなおもちゃのピアノも入っていて、なかなかよい音色。

▶blog開設以来、できるだけ更新しようと思っていますが、まず第一に帰宅が遅い、第二にパソコンを立ち上げるのが面倒、第三に書くのに時間がかかる、というわけで困難を極めておりますが、2月はまだ5日か経っていませんが、今のところ順調です。

▶そういえば、この2月〜4月はクラプトン、ディラン、ストーンズ来日という信じられないことになっており、昔だったら狂喜乱舞の3公演必見という感じでしたが、今回はどうしたものかと躊躇しています。久しぶりに感動したいしたいのですが、それほどでもないのでは?という冷めた気持ちが勝っています。いけませんね。それにしてもオヤジを超えて老人の域に達してもなお音楽の先端を行く人々、私もいつまでも不良人間でいたいものです。

▶立春の今日、東京は夕方雪が降りました。うっすらと積もったようです。帰宅時にはやんでいたいのですが、ものすごく寒かったです。

都知事選!

週末に都知事選がありますが、どの候補に投票すべきかピンときません。

前回は迷わず猪瀬さんでした。書籍もそれなりに読んでおりファンだっただけに、今回の事件および辞任は残念でなりません。あれだけズバズバ切り込んでいたのだから、シロであれクロであれ、当事者ならばなおのこと切れ味を失ってほしくなかった、つまりシロであれクロであれ、事実をはっきり提示してほしかった、というのがイチファンの感想です。

で、今回の都知事選ですが、先日の朝生(主要候補インタビュー&パネリスト激論!?)を見てもよくわかりませんでした。2週間ほど前、成増駅前で舛添候補の演説も聞いたのですが、とくに感銘するものはありませんでした。とはいえ棄権する気もないので、当日投票用紙を目の前に決断したいと思います。

地方出身の私にとって東京は働く場所という位置づけです。暮らしているという感覚はほとんどありません。実際はなんともう約20年も東京に暮らしているのですが....。東京は働く場所であり、仕事をしていなかったら、仕事をしなくてもよいのなら、東京は選ばないと思います。決してのんびりするようなところではありません。そんな意味で東京に期待するのは、極めて抽象的ですが、つねに開放的であり、いつでも誰でも受け入れてくれる、大きな街であってほしい、ということです。

土日ダイジェスト

土曜日:荒川ツーリング。ついに目標としていた森林公園に到達。往復約75キロ。マニアにしてみればたいした距離じゃないけど、自分にとっては限界を超えた距離で後半フラフラでした。帰りの追い風にサポートしてもらった感じです。

日曜日:家人がコンチャのクルージョ&お手伝いで不在だったので、娘とディズニーランドへ。乗り物系はまだ怖いとのことで、全然ダメでしたが、パレードを見たりお店をのぞいたりそれなりに楽しんでいた様子。すごい空いていて、2月の日曜日は穴場のようです。

next

今週はなかなかハードでしたが、無事ひとつのミッションを終えることができました。感慨に浸る間もなく、次の使命が控えています。次から次へ、その繰り返しです。次があることに感謝せねばなりません。端々で独自性と意欲を打ち出していきたいと思います。燃えているわけではありませんが、やるしかないというところから湧き上がる意思です。